スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)| --/--/--(--) --:--:--
能登家族旅行 ~能登のてっぺん~
年度初めなので、えらいバタバタで
なかなかUPできずにいました

やっと先週の家族旅行の記事(記録)を

先週の26日(月)27日(火)
1年ぶりに家族旅行行ってきました

行き先は能登半島。
車で能登最北端を目指してGO~( ̄O ̄)

朝ご飯食べた滋賀県北部ではあいにくの雪模様でした。

PA.jpg

雪合戦してるし(笑)

石川県もチェーン着用と聞いてましたが、徐々に天気は回復。

天候が悪ければ能登島水族館という候補もありましたが、
勢いで行っちゃえーと最北端を目指しました。

砂浜を走行できることで有名な、
なぎさドライブウェイへ降りようとしたら、
あいにくの高波の為、通行禁止に(T▽T)

恋路海岸2

日本百景にも選ばれている九十九湾を通り、
最初の停車は恋路海岸になりました。
ここは鍋乃さんと助三郎さんという方の悲恋物語として残されている海岸です。

恋路海岸
周りはさびれて寂しい感じですが、ロマンを感じます。
カップルで幸せの鐘を鳴らすと恋が成就するというラブスポットでもあるらしい。
パパとツーショット撮ろうと試みたが、拒否された(-_-;)

北へと車を走らせ、軍艦島の名所で有名な見附島へ。
見附島
軍艦のようにみえるこの島。
DCIM0444.jpg
古くは弘法大師が能登を訪れた際に、「最初に目に付いた島」なんだそうです。
ここの『見附茶屋』という御食事処でお昼を頂きました。
さざえご飯が美味しかった(o>ω
見附島3
軍艦島へは引き潮のときは途中までいけるみたいです。

見附島2
男同士は、石投げに夢中(笑)

えんむすびーち
『えんむすびーち』とある

さらに先端を目指し、能登半島の先っちょに到着したのは3時頃。
ちょっと雲行きもあやしくてヒヤヒヤしました

ランプの宿
ここは有名な『よしが浦温泉ランプの宿』。
とても幻想的なお宿です。
ちなみにココは予算オーバーで泊まれなかった

この近辺は、最近話題の『パワースポット』らしいです。

9mもせり出している展望台からの景色は絶景!!
しかし…寒い

ランプの宿2
さすがにこの展望台からの眺めはビビった(@_@;)
強風と子供らに揺らされるし(>_<)コワイコワイ

灯台2
場所は変わって、珠洲の道の駅の駐車場から、山上の灯台目指し、
かなりキツ~い坂を登ります。
すでに遅れをとってしまった。

灯台
さらに灯台まで歩いて。

灯台5
能登半島最北端、禄剛崎灯台です。

能登半島最北端
古い灯台がレトロないい味出してる

灯台3
間近でみるとさらにイイ感じ

P1020467.jpg

この灯台は明治16年、イギリス人の設計のもと作られた灯台だそうです。
日本の灯台50選にも選ばれ、朝日と夕日が一緒にみられることでも有名だそうです。

灯台横の標識には・・・

灯台標識2
能登半島からの距離が書いてあった。

灯台標識
ウラジオストクまで、ってリアル

自然のパワーをいっぱいもらって山道を下ると、
雪がちらつきはじめ、猛吹雪に

塩づくりで有名な名所なので
塩田とかあったけど諦めて
宿泊先の輪島へ直行しました。

しかし、灯台へのぼる道で
団体さんとすれ違うと気持ちよく挨拶してくれた。
やっぱりパワースポットというだけあるよね(*^-^*)
自然のパワー、めっちゃもらった気がします
スポンサーサイト
家族のこと |コメント:0 | トラックバック(-)| 2012/04/06(金) 23:09:09
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。