スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)| --/--/--(--) --:--:--
尼崎のおばちゃん
10年前、1年間だけ尼崎に住んでました。

モト旦那が公務員を辞めて、実家のある熊本に帰ろうとしたとき、
旦那の親戚のおじさんが声をかけてくれて
左官の仕事を手伝うことになったんですが。

引っ越したとたん2人めの妊娠(haru)がわかり、
尼崎で出産を迎えた忘れられない1年です。

すっげぇいろんなことが2000年から2002年にかけてありました。

妊娠中、モト旦那の巨額の借金がわかり、
1か月間行方をくらましてしまったり。

出産後もすぐにいなくなってしまい、離婚を決意したけど
子供達のことを考えて熊本でやりなおすことに。
周囲の猛反対を押し切るのは大変でした。

その後、熊本でも同じことを繰り返してたので
1年で離婚届け出して大阪に帰ってきたけどね。

その、尼崎での生活の1年を支えてくれた親戚のおばちゃん。
凄く会いたかったんだけど、今回いろんなタイミングがあって、
5年ぶりくらいにやっと会いに行くことができました。
前回行ったのは帰ってから1年くらいしてからだったっけな。

尼崎でお世話になる前からほぼ毎週入り浸ってたんだけど、
モト旦那の親戚とはいえ、凄くsakuのことかわいがってくれてて。
sakuをおおらかに育てられたのは、
懐の大きいおばちゃんの子育て指南があったからこそ。
実の母よりもおばちゃんに子育てを教わったといってもいいくらい。

おばちゃんの娘さんの子はsakuと2つ違い。
いつもsakuが遊んであげてた。
その子は小5になっててダンスをしてるのもありスラッとしてキレイな女の子に成長してました。
尼崎の家に着いてからsakuと2人、cocoeにプリクラ取りに行きました。

私とおばちゃんは市場で買い物して、
2人で家で話しこんでた。

変わらない優しくて懐の大きさに涙が出そうになったよ。
熊本のお義父さん達も元気で暮らしてるみたいでホッとした。
相変わらずモト旦那は、行方をくらまし誰も話題に触れないらしい。
お義父さんにも凄く迷惑かけたんやもんね。
でもお義父さんやお義母さん、おじいちゃん達の近況きけてよかった。
sakuのいとこたち、一緒に遊んでた頃は小学生だったのが
もう成人式を迎えるようになったのを知ってビックリした。
時は流れてるんやなぁ・・・。

「yukariさんが幸せに暮らしてるってきいてほっとしてたんよ。
会いたかったけど、こっちから連絡するわけにいかんしねぇ。」と
言われて、もっと早く会いにきたらよかったなぁと思った。

尼崎の街並みも変わってしまって
家の中の家電も新しくなってるけど

懐かしい家のにおいと
おばちゃんの作るバラ寿司の味と
甘辛いおでん。
懐かしい器で食べて。
すごく懐かしくて、変わってなくて嬉しくて、涙でそうやった。

おばちゃんに会えて話せて、幸せな時間はあっという間に過ぎた。
「何時に帰らなあかんの?もうそろそろでなあかんやろ?
また会いたいから、ご主人との時間は守らなあかんで。」と
言われてジンときた。
(ウチの母なら「まだいいじゃない」といつも延ばされるで)

仕事で会えなかったおじちゃんと、娘さんに見せたいからって
駅で別れ際にケータイで写真を撮ってくれた。
「sakuがこんなに大きくなったんやで」ってみんなに見せるわ。って
自分の孫みたいに喜んで言って手を振ってくれた。

モト旦那はさんざんだったけど
親戚はいい人ばかり。
子供達が大きくなっても、ここまでくるのに支えてくれた人達には
ずっと繋がっていたい、と思うのです。
この人達がいてくれたからこそ
今の家庭があるんやし、今の私達がある、と感謝しています。

やがて子供達の世代もそんなふうに孫を連れて私達に
会いに集まったりしてくれるようになるんやろうね。

あ~cocoe、行く時間なかったよ。
また次の機会にいこっと。
スポンサーサイト
自分のこと |コメント:2 | トラックバック(-)| 2010/02/28(日) 23:45:08
コメント
尼崎
尼崎での一年は、
大変だったんですね。
にっくき 借金男!!

尼崎のおばちゃんが支えてくれて良かったですね。

私の元ダンナの借金発覚も、尼崎だったのよ。
同居する前の家です。
偶然ですね。

2010/03/03(水) 17:56:56 | URL | harupon #t50BOgd.[ 編集]
・・・haruponさん・・・
haruponさんの元ダンナさんの借金発覚も尼崎でしたか!
ホンマ偶然ですね。
「借金癖とオンナ癖は病気だ」というけれど、ホントそのとおり!繰り返すろくでなしでした。

おばちゃんがいたから、無事にharuを出産できたようなもんです。
一時は収入もなくて、服をかたっぱしから売って、
「今日の買い物じゃ~」という生活してました。
あのしんどい頃があったから強く生きれたんだと思います。
おばちゃんが支えてくれたおかげです。
変わらない優しさに涙でそうでした。また会いに行きたいです。
2010/03/06(土) 01:08:51 | URL | yukari #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。