スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)| --/--/--(--) --:--:--
”対立の解決--怒りについての理解” ~教員セミナー 10月18日の授業から~
今日は、”対立の解決~怒りの感情を理解する”
ということに焦点をあてた授業を受けました。

前回の授業で、 「対立は怖くない」ということを、グループワークで
「誰が一番困難な状況か」というテーマで意見を述べ合う作業、
バラバラの意見を持ちながらも
心の声で、全身を使って「聴く」という意識を持って意見を述べ合うことにより
お互いが「共感」することの大切さを学びました。

今日はそこをもっと掘り下げたもの・・・

「対立をおそれず、問題の集団での解決」に向き合う力をつけるための
感情や怒りの捉え方や対処の仕方について勉強しました。

感情や怒りの捉え方のワークとして
まず、この絵から・・・。

教員セミナー10.18 いま、どんなきもち?

「いま、どんなきもち?」
3人の子供それぞれのシチュエーションでその子の「いまの気持ち」を読み取る。というものです。
まずは個人で考え、
その後班で話し合い、まとめて発表しました。

1.かおるさんは新しく買ってもらった筆箱を持って来ましたが、
 机の中をみるとありません!!
 さて、今の気持ちは?


私→「ぐすん」(失くしたことが悲しすぎて・・・)
班→「ぐすん。」「むかつく。」(とられた!と思って)「いややぁ。」(クラスに取る子がいることに)

2.みきさんはマンションの5階でエレベーターに乗ったら
 同じエレベーターに乗っていた、大人の男の人に抱きつかれてしまいました。
 さて、今の気持ちは?


私→「ぐすん」(怖くて)
班→「びくびく」(とても恐ろしくて)

3.こうじさんは水泳大会で一生懸命泳ぎましたが、最下位でした。
 がっかりして出てくると、お母さんがニコニコ笑って立っていました。
 さて、今の気持ちは?


私→「うじうじ」(期待に応えられなくて申し訳ない)
班→「はぁ・・・。」(やっぱりダメだったよ)「ほんわか」(お母さんは認めてくれたよ)

4.ひかるさんは今日の誕生日プレゼントに、子犬をもらえることになってます。
 さて、今の気持ちは?


私→「うきうき」(どんな犬かな?ワクワク)
班→「うきうき」(同上)

班の発表の後、先生から解説を頂きました。

1.→ 素直に「ムカつく!」と言える外交的に怒りを発する子もいれば、
   内向的にただただ我慢して、泣いている子もいる。

「イヤ!」という表現の違いは、子供ひとりひとりによって違う。
また、クラスの状況(みんなで助け合えるクラスか否か)で
表現の仕方も変わってくる。

2.→ 男性と女性によって、感情に若干違いがある。
   (男性)ムカつく!なにすんねん!
   (女性)気持ち悪い!怖い。

「イヤ」という感情はほとんどが一致だが、男女に違いがあるのは、
女性は経験してるからこそ、その怖さを知っている---経験から学んだものであるから。

3.→ ホッとした、安心の気持ち、悔しい気持ち。
   母親がその悔しい気持ちを解消、発散させてくれる。

子供と母親との関係により、表現の方法は異なってくる。
ひょっとして母の笑顔の裏には、何かが潜んでる???こともあるかも。

4.→ ほとんど全員が「ワクワク」「ウキウキ」「やった!」など
    待ち望んでいる様子。と見受けられる。
    
ただし、親子の関係、(家庭内での不和/虐待)で
ネガティブな感情を受ける子供も実際にあるので、その辺はよく観察してみること。

小学生の子供達、特に低学年においては
感情を出すことが素直にできるにしろ、
成長するにつれ、「別に。(エリカ様?)」と表現することをしなくなってしまう。
小さいうちならまだまだ修正はきく。
でも大きくなってしまうと、自分の感情を内面に押し殺してしまい
表現することが困難になってしまう。

今現在社会問題にもなっている「キレる」ことで若者が犯罪に走っている。
積もり積もった怒りの風船が、ある日突然何かの拍子でパチンとはじけてしまうことで
起こしてしまう事件の数々。
それらは、感情を小出しにすることができていないからなんだそうです。

先生の講義で、感動した言葉を紹介します。

その感情は、外に向けて出していいんだよ。
感情には「いい」「悪い」もなければ、
ましてや我慢する必要もない。
その気持ちありのままを言葉にして発していいんだよ。
そう、その「嬉しい」「悔しい」「悲しい」という感情に
よく気づくことができたね。
それはぜ-んぶあなたの気持ちそのまんま。
私達はちゃあんと14の心を持って聴いてあげるから。
だから安心して、この感情を出していいんだよ。

そうして乗り越える経験をしていくことで
あなたは成長できるのだからね。


そんな大事なことを
今日改めて気づかされ、感動している自分がいました。

「ありのままの自分」でいていいんだ
ということはなんて、ラクなんだろう。

私はあまり怒りをためない(貯められない)方です。
けっこう小出しにしているので、周囲が返って迷惑被っているのかも???


長くなったので、「もめごとの集団での解決」については、別タイトルで
書かせていただきますね。





 
    


スポンサーサイト
教員セミナー |コメント:0 | トラックバック(-)| 2008/10/19(日) 23:44:53
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。