B・P祭に行ってきた
日曜日はharuのボーイスカウトの「B・P祭」というものに
いってきました。
bp-2.gif

「B・P」とはボーイスカウトの創始者・イギリス人の
ロバート・ベーデン=パウエル」さんのことで、
その方のお誕生日をお祝いする記念祭。
毎年2月22日頃に創始者である
「ロバート・ベーデン=パウエル」さんに敬意を表して
記念祭が各地で行われているそうです。
もし生きてたら今年が151歳だそうで。
元軍人であった彼ですが、
ボーイスカウトの活動により世界平和に貢献され、
150年以上経った今も彼の意思を継ぐ
ボーイスカウトの運動が世界中で行われています。

世界のボーイスカウトのスライドを見たり
ゲームをしたり、歌を歌ったりと楽しい半日を過ごしました。

実はharuをボーイスカウトに入れたのは

①「ヘタレ卒業」
*自分のことは自分で。そして他の人を助けられる人に。
(↑これは昨日、隊長さんが子供さんむけに言われてたんですが
まさにそう!)

②「私のおじいちゃん(母の父)が
ボーイスカウト創始者に関わってたため」

*実は「ロバート・べーデン=パウエル」氏と会って
日本にボーイスカウトを広めた一人でもあるそうで・・・。

おじいちゃんは昭和20年代に亡くなってるんですが、
イギリスを訪問した時の著書を残しています。
(古すぎて絶版のようで・・・見つからない
でも見つけたい。)

③「いろんな人と出会って
たくさんのことを吸収してほしい」

*できれば長く続けてもらって、国際交流なんてできたら
いいのにな♪
 (というか私がしたい???)

今回、一緒に参加させて頂いて
「ボーイスカウトの活動」
「B・P」
漠然としかわかってなかった私。
勉強させていただきました。
大会中、世界中の人達と意思を同じくして
こうして繋がって行ける「ボーイスカウト」の活動って
いいよなぁ、と素直に思いました

haruはJRに乗れたことの方が嬉しかったようで・・・

スポンサーサイト
家族のこと |コメント:0 | トラックバック(-)| 2008/02/19(火) 00:37:09
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する