スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)| --/--/--(--) --:--:--
いじめ・不登校などの現像と課題 ~教員セミナー 11月22日の授業から~
今回は凄くディープな講義でした。深すぎて長くなるかも・・・ です。

【第1部 :その子のお庭に遊びにいこう!】

やしまたろうさんが1955年にアメリカで書かれた、日本語バージョンの
「からすたろう」という絵本の朗読から
授業が始まりました。

からすたろう

第一印象 ・・・ 表紙からして、なんか意味深な感じ。


村の学校にあがった初めての日のこと。
教室からひとり男の子がいなくなりました。
その子は教室に入らず縁の下にいましたが
だれもこの子を知りませんでした。
その子はとても小さくかったので「チビ」とよばれるようになりました。

先生をこわがって、 
なにもおぼえることもできなかったチビ。
友達もいなくて誰からも相手にされません。

休み時間もひとり。
いつもクラスのしっぽにくっついてました。

誰からも相手にされないチビは
そのうち、チビはやぶにらみをするようになりました。
そうすれば見たくないものは見なくてすむ。
そして退屈しないで楽しむやり方を次々と見つけ出します。

チビには特殊な素質がありました。
普通の人には驚くほど単調と思えるようなことでも
ちびには奥深く感じることができるため、
天井の格子柄の模様も
友達の着物の肩のつぎはぎも。
窓から見える景色も。
雨の日にはびっくりするほどのものを見せてくれる。
そんなふうに感じていました。

また、みんなが嫌う虫達や植物には非常に興味があり
熱心に観察をしていました。
そしていろいろな音に耳を傾けることが好きでした。

上級生からも下級生からも「うすのろ」「とんま」と呼ばれましたが
なんと呼ばれようとも
雨が降る日も、嵐の日も
来る日も来る日もちびはとぼとぼと学校にやってきました。


そうして 5年の月日が流れました。


6年生にあがり、いそべ先生という
親しみを感じられる先生がきました・・・。


朗読はいったんそこで打ち切られました。
そして、
その後、あなたがいそべ先生だったら どう接するか?ということをテーマに

①まず個人の意見として付箋にダーっと書く。
②3~4人一組の班でみんなの書いた付箋を持ちより、
 項目にまとめてダーッと貼る。
③その後、ポストカラーのペンで、ダーっとまとめを書き出す。


というワークをしました。

私達の班はこのようになりました。

からすたろう班発表

似たようなコメントを集め、ゾーンを4つに分けました。

①きっかけづくり ゾーン
とりあえず(先生側から)話しかける。
とにかく一番気をつけてあげる。
興味のあることに話をふってあげる。

②先生との関わり ゾーン

一緒に仕事をする
一緒に先生の手伝いをしてもらう。

③共感する ゾーン
チビの得意分野に共感してあげる。
チビの思いを聴いてあげる。

④居場所 ゾーン
チビの居場所をつくってあげる。
ゲームやアクティビティを通して、安心できる場をつくる。
みんなにチビを理解してあげるように話をするなど

⑤最終目標 ゾーン
チビが自分から輪の中にはいっていけるような
安心の場になること。

他の班の発表では、
「○○博士」をみんなに名づける。チビは虫が好きなので虫博士!
チビの住んでいる環境を理解するために親に会いにいく。
地域に受け入れてもらえるような働きかけ・・・などなど、
みなさん、きれいにまとめられてて、
おぉ~すげぇっ! というような意見ばかりでした。

そして後半の部分の朗読。(省かせていただきました)

・・・・・。「深いなぁ」 と涙を拭き拭きつぶやいてしまいました。

この「からすたろう(Crow Boy)」をかかれた、やしまたろうさん、
実はこの本はアメリカで書かれたそうです。
やしまさんは戦時中に奥様と特高につかまり拷問にあい、
その後アメリカへ移られました。
(そのへんの事情は「あたらしい太陽」に書かれてるとのこと。
読みたいもんです。)
アメリカにいるとき、幼少時代に育った鹿児島を思い出し
(今から70~80年前の日本ですね)
この「からすたろう(Crow Boy)」をかかれ、
*コルデコット賞次席(1956年)
*米国児童教育連盟最高賞(1955年)
*米国版画協会顕著進歩賞(1954-55年)
を受賞し、やがて日本版が出版され、
*絵本にっぽん賞特別賞(1979年)を受賞されたそうです。

実は今日、近所の図書館で、日本バージョンとアメリカバージョン、
早速借りて読みました!

Crow Boy

表紙の銀の丸いシールには
コルデコット賞受賞とあり、

日本語版/アメリカ版両方に
「この絵本を 磯長武雄、上田三芳の恩師にささげる」
と書いてあります。 

この「からすたろう」のいそべ先生のモデルになった先生だそうです。

この物語にはとても深いルーツがあることを
この授業のあと知ったので、まだまだ個人的に調べたいと思います。

さて、話にもどりますが、
その後の個人発表の中で、

*この「からすの鳴き声」の発表会をするにあたっては、
ここまでくるには、いそべ先生とチビとの相当の信頼関係があっただろう
*6年間休まずにきた。どんな思いできたか。
*共感することの大切さ。いそべ先生は一緒に帰ったんだろうな
*チビのあるがままを大事にした、素晴らしいいそべ先生


など様々な意見が出ました。

その子自身に踏み込んで一緒に考えてみること。
先生がその子のことをどう理解するのか。
でも、無理に仲良くさせようとしない。
それは表面的なものでしかならないから。
自然に繋がるようにその子の得意分野に目を向けていれてあげる。
先生自身がその子自身をよくみてあげる。

「その子のお庭に遊びにいこう!」

まさにそんな言葉がピタリとあてはまります。


先生からのメッセージ、しかと受け止めました!


【第2部 : 立ち位置を間違えない】

「からすたろう」を通して、学んだことを踏まえ・・・

1.光のあたっている子
2.暗いところにいる子


さて、立ち位置はどっちだ!? という話。


1.光の当たっている子 (良さのよく見える子)
↑↑ よく見える↑↑↑ ↓↓ あまり見えない↓↓
2.暗いところにいる子  (良さのみえにくい子 ☜ 立ち位置はココ!

良さの見えにくい子に焦点をあてて、集団の中心に自然にもってくる。

↑  
↑成
↑育 (どう生きてきたか?)
↑歴

 
→→→→→→→→
その子から知ること
(家族・友人・地域)


いそべ先生もチビと一緒に帰らなければ気づかなかったし
感動しなかった。
逆に言い換えると、
先生が感動できたから、きっとみんなも感動できると思ったから
「からすの鳴き声」という大勝負に出たのかも。

どんな状況もプラスに変えていくことで
そこに光があたる。
先生がしっかりとそれを理解しておくこと。
まず先生がその子をしっかりとあるがままを受け入れて
理解をしておくこと。


私達、セミナーのみんななら
きっとできる!と思いました。
だって、社会人やいろんな経験を積んで
この今があるから。
きっと経験が自身を強くしなやかにしているはず。
そして、この1年がもっと自身を強くさせているはず。
たぶんそうだと信じています。

「Yes, We Can!」

実は後半まだありますが、後日UPします。
スポンサーサイト
教員セミナー |コメント:2 | トラックバック(-)| 2008/11/24(月) 00:10:53
大きな買い物
今朝、朝起きたら・・・冷蔵庫の中がやけに臭い∑(#`皿´ノ)ノ

ウチはパネルが冷蔵庫の表面にあって、温度設定できるんだけど、
給食の献立表とか貼ってるもんだから、
ひょっとして、触ったかも・・・・σ(´ x `;*)ンート・・・
と思ってパネルを触るも、動かない!!
冷蔵庫の氷もいまひとつ溶けてるっぽくて、≡ Σ(ω |||) エェェェッ!
これは緊急事態(o゚Д゚)ノダーッ! !!とパパを起こして見てもらったら・・・



・・・やっぱりモーターが逝かれてしまってたようで・・・ _| ̄|○

夜勤のパパはヤ○ダデンキへ買いにいっていただきました。
今の冷蔵庫は6年目らしく、保障も5年で切れてしまってるので・・・。

長い(?)熱き交渉のおかげで、店員さん、頑張って勉強してくれました。

買ったのはこの冷蔵庫   ↓

sharp 冷蔵庫

この秋冬モデルらしく、ミストシャワー機能で、野菜がみずみずしく保てるらしい。

みずみずしい

冷蔵庫内はパネルで冷やす、お寿司屋のネタケースと同じモノらしい。

うるおいクールパネル

冷蔵庫は明日来る予定。
それまでは、この冷蔵庫で ↓ 乗り切ります。
あ~真夏でなくて良かった.(´∀`人)


クーラーボックス


ついさっきまで、冷蔵庫の中に入ってる食材の整理をしていました。
いつも冷蔵庫の整理をした時に必ず後悔するんですが、
お寿司についてるしょうゆのたれビンとか、わさびとか、

「いつか使うから」って

長らく置いているもんですよね。
置いてて使ったこと、ありません。(;´Д`A

家電のこと |コメント:4 | トラックバック(-)| 2008/11/12(水) 00:49:33
”自尊心を認め合い高めあう”~教員セミナー11月8日の授業から~
【第1部 ”自尊感情について学ぶ”】では、
子供の奥底にある心の声をすくいとり、共感することで、
子供達は安心して心を開くことができるということを学びました。

第2部では、実際に授業をされているビデオを見て
子供達に対して、どのように関わることで、
自尊心を育むのだろう、ということを、学びました。

【第2部 自尊心を認め合い高めあう学習集団構築のために】

NHK教育 「わくわく授業」(残念ながら2007年終了してしまったそうです(ρ_;) )で、
東京都で実際に小学校6年の担任をされている先生の算数の授業内容が
映し出されました。

私の言葉でまとめると、タイトル的には

”パズル(ブロック)を使い、大きさの違う円をひとつずつ動かしながら
計算のルールの「気づき」を教える授業” 


しかし授業はじめは先生はタイトルを書きません。

まず先生が手順をひとつひとつ丁寧に子供達に伝えます。

パズル(ブロック)は○の形で、4種類あります。
大きい円が一番下。残り3つは徐々に小さくなり、一番上が一番小さい○があります。

①4つの重なっている大きさの違う○をひとつずつ、動かす。いいね?
②上から順番に。決して2つ一緒はダメ。
③大きい○は、小さい○の上に置いちゃダメ。
④ひとつずつ動かして、最初の形に戻ればOK。


「ここまでわかる?」「いいね?」と先生はひとつひとつ丁寧に確認されてました。

そして、何回の作業で元に戻るか手を挙げさせて予測。

その後子供達にパズル(ブロック)がひとつひとつ手渡され、
苦労しながら自分達で実際に○を動かし、もとの形にしてもらう作業をします。

一生懸命頑張って試行錯誤。
短時間で、元の形に完成できる子もいますが、
大多数は途中でつまづいてしまう・・・。

そこを先生が机間巡視しながら、声をかける。
先生は実は「ん!?」という子供の
ひらめきの瞬間を待っているのです。


時間とともに
「あ!できた!!」という子が徐々に増えてきました。
その瞬間の笑顔はものすごく輝いてる!!
なかなかできない子に、
「がんばれ」「もう少し」と声をかけるクラスメイト達。
「できた!」という子に「おめでとう!」と声をかけるクラスメイト達。
達成感を感じている子供達の笑顔は本当にみててステキ!
それを共有しあっている、
このクラスは、とても暖かいクラスだと感じました。

そして発表。

子供達は「俺も」「私も」とみんな、発見を先生に伝えたくてたまらない!
といったカンジです。

ひとりひとりの発表にみんな聞き入り、
そして先生も「聞いた?いま言ってること凄く大事!」
みんなに伝えてます。

そしてこの先生すごいのは、
とまどっている子供達に対して

「いいよ。まちがってもいいから言ってみて。」
「何でもいい。気づいたことそのまま言ってごらん。」と声かけしてること。

こんなふうに言われると、子供達も安心して
思ったことを伝えられますよね。

小さくつぶやいているその子の、その言葉にも敏感にキャッチ。
そのつぶやきをネタに、みんなで想像し、どんな答えか個人で考えさせ発表してもらう。
そしてその意見を黒板にかき、みんなでどうしてそうなるか考える。
そしてその答えが「わかった」瞬間、「いいところに気づいたよ!」と評価しています。

子供達が導いた答え。
数には決まりがあること。

4つの○を動かす
7個 + 1個 + 7個 = 15個動かす
                   ) 差は 8
もし3つの○なら
3個 + 1個 + 3個 =  7個動かす     )この差 x 2倍 
                   ) 差は 4 
もし2つの○なら            
1個 + 1個 + 1個 =  3個動かす


*真ん中の1個は共通している。折り返し地点だから。
*両端は必ず一緒。
*差が4ずつ増えている

パズル(ブロック)を通して
子供達は自分達で試行錯誤し、考えてたどりつくことができました。拍手!

ひとつ決まりがわかれば、どんどん解けていく。
算数のおもしろさを見てる私もとても感じることができて
わかった瞬間は、ゾクゾクしました!

先生は授業の最後に
「さぁ、今日のタイトルを自分の言葉で書いてごらん」と言いました。
タイトルは自分で決める。だから最初は書かなかった。
そのスタイルはとてもイケてると思いました。

子供達が最後、ひとこと感想をかいてたのですが
「わかった瞬間すごくうれしかった。」「算数は楽しい」とかいていて
わかった瞬間を共有してくれるこの先生は、
子供達にとって安心できる存在なんだな。
このクラスの子供達はこの先生がいるから、それぞれ自信をもつことで
みんなで助け合っていけてるんだなぁと思いました。

その後、私達は班にわかれて、それぞれ感じたことをふせんに書き、
それを座標軸をかいた模造紙に貼り付け、発表しました。

4つの班どの班もこの先生を評価する言葉の数々が貼られていました。
みなさん共通で「このクラスは安心できる場」だとおっしゃってました。

「何で?」「ん?」 それが学びのはじまり。
だから「なんでもいいよ。言ってみて」と言ってくれると安心して発言できる。
そんなひとりの気づきをみんなで共有しあえる。
共有できた喜びを先生が、みんながまた分かち合える。
分かち合えることで「学ぶたのしみ」がどんどん膨らんでいく。
こんなクラスって本当にステキ。



家に帰ってから、早速ブロックを使って実際にやってみた(*⌒∇⌒*)テヘ♪

haruには3個バージョンで。

数学が得意なお兄ちゃんには4個バージョンから。

数のきまり 1

お兄ちゃんは、ワタシが言わなくても自分で回数を書き出し、
決まりを導き出した おぉ(゚ロ゚屮)屮 !

式をダーって書いてるのを横目でみると、ドラマ「ガリレオ」で
福山政治が、謎が解けた瞬間そのものでした!

そしてパパは遅くまで7個バージョンまで挑戦しつづけてたΣヽ(゚Д゚○)ノ
パパも算数が得意なので、
「これはパターン化してるねん。パターンわかるとできんねん。」ってハマってました。

数のきまり 2

その姿に萌えぇ~・:*(〃・ェ・〃人)*:・カッコイイ」と
はしゃいでた私に上の子供達ふたりが一言・・・。

「キモε=(‐ω‐;;)  」

ちなみにウチで使用したものは、sakuが生後6ヶ月くらいのときに購入した
ボールネンドスタッキングビーカー

HP5417.jpg

凄く精巧にできていて、12個のビーカーの形が全部違い
容量も2や3の倍数になってるスグレモノ。

こんな使い方ができるとは・・・。
これは「買い」でしたね。

子供達も遅くまで夢中になってやってくれてて、
「できた!」瞬間を間近でみる機会ができたので、手ごたえありました。
今日の授業を実際に使うことができて、また新たな発見ができたこと、
すご~く嬉しかったです。(*^-゚)vィェィ♪


教員セミナー |コメント:2 | トラックバック(-)| 2008/11/10(月) 01:35:16
”自尊感情について学ぶ” ~教員セミナー11月8日の授業から~
今回は”自尊感情についての学び” と、その発展的な続編として
”認め合い高めあう学習集団構築のために”ということで、
ある算数の授業をビデオをみてグループワークの活動を通し
理解を深めるということを学びました。

【第1部 ”自尊感情について学ぶ”】

「自尊感情」とはひとことで簡単にいうと「イケてる」感情
自分の存在そのもの、自分の感情そのものをすべて受け入れる
ポジティブな意味合いの感情。
つまり、I am OK. You are OK. の感情。
      ↑
    対義語
      ↓
  今の言葉でいう「終わってる」感情。
  「どうせ」「しょせん」というネガティブな意味合いの感情。
  つまり、 I am not OK. You are OK.

その自尊感情は、他者からのプラスメッセージによって
どんどん高まっていくんだよ、ということを教えていただきました。


しかし、高すぎると、いわゆる「ジコチュー」という
ゆがんだ自己愛になってしまうそうです。
つまり、 I am OK. You are not OK.のパターンのことですね。

人間誰しも、凹むときはある。
でも、そこでプラスメッセージを第3者から受け取ることで
自分のありのままを認め、自尊心が高まっていく。

先生が例をあげて話してくださいました。

①図工で城をつくってたとき、自分は苦手で城があまり上手につくれなかった。
同級生からも「お前、なんやそれ?」といわれ、傷ついていた。

しかし、先生のかけてくれた言葉は違ってた。

「うわぁ。いいよね。君の世界がこの城に凝縮されたんだね。」って。

上手、下手じゃないんだよ。
それが個性なんだよ。と言ってくれたことがすごく嬉しかった。

ウチもよくプラレールしてるときに「はるきワールド」って
いう言い方をしてましたね。
うまい、へたがいいのではなく、
ありのままの個性を認めることで、それが自尊心を豊かにするということなんですね。

②自分の短所さがしということで
私は「テレビをずっとみている」とかきました。

「なんやあんた、テレビばっかり見てんのんか?」と言われると思ったら

先生は
「へぇ~そんなところもあったんやね。」と言ってくれた。
そんな短所を認めてくれたのが凄く嬉しくて、
もっと自分を磨いて、先生に見てもらいたい!と思った。


短所はできれば人には隠しておきたいところ。
言ったところで非難はまぬがれない、と思ってた矢先、
「そんなところもあなただから。」と言ってくれたことがチカラになり
短所を克服したいとまで思う。

先生が教えてくださった、ゲーテの言葉で、
「人はただ自分が愛する人だけ学ぶものである」
という言葉にドキッ。

あぁ~そうだよなぁ。
好きな人に振り向いてもらいたいために、頑張っていいオンナになるゾ!
ってそういうことか(笑)。

③職員室にいたら、ブロックが飛んできて、窓ガラスが割れた。
みると、男子生徒が割っていた。

「おまえ何しとんじゃ~っ!」

といいたいところをグッと必死にこらえ、

「どうしたん?」 と声をかけた。

そしたら男子生徒は大粒の涙を流し
ポツリポツリと胸のウチを話してくれたそうです。
「実は家でゴタゴタあって・・・。」と、その怒りがたまって憂さ晴らししたかったそうで。


怒られると思ってたのに、「どうしたん?」と言われることで
自分を認めてくれた、自分のことを排除せず受け入れてくれた。
共感してくれたという喜びが涙になったんだそうです。

「自尊感情」を認めてあげること。
つまりはその子供の奥底にある心の声を聴き
受容し、共感すること。


それが今回の自尊感情を認める、というゴールであることを
学ばせていただきました。
相変わらず 深いぃ話です。

最後に、先生から教えていただいた、
W.ジェイムスの言葉をひとつ。

ちなみにこの言葉は星陵高校の野球部の監督(ゴジラ松井の恩師です)が
練習場に貼ってた言葉で、松井選手も大好きな言葉だそうです。

が変われば 行動が変わる
行動が変われば 習慣が変わる
習慣が変われば 人格が変わる
人格が変われば 運命が変わる


まさにそのとおりだと思います。

大事な気づきの授業をありがとうございました。

続きの”第2章”についてはまた改めてUPしますね。



























教員セミナー |コメント:0 | トラックバック(-)| 2008/11/08(土) 23:12:53
朝食、とってますか?
毎月初めは、小学校の地域の旗持ちです。
今週初めも行ってきました。

ウチの小学校は駅の出入り口すぐのところに
立地している便利な場所なので、
人通り、特にチャリが非常に多く、
子供達は、通学には横断歩道を渡らず
階段を降りて、学校そばの出入り口から昇ってきます。

8時前から出入り口に立ち、8時半過ぎまで
旗持ちをしてたのですが・・・気づいたこと。

8時過ぎに通過する子供達は元気が良く
「(,, ・∀・)ノ゛ぉはょうー.:+: 」
と声をかけても「おはようございます( ・ω・)ノ」と
返ってくる。
友達同士で来る子も多く、談笑しながら楽しそうに来たり。

しかし・・・

8時半のチャイムを過ぎて来る子達(*´Д`)=3ハァ・・・ 。
みんな共通してるのだけど、
階段もヒィヒィ言いながら昇ってくるし、
顔色も悪く、だらだらしてる。
朝食、食べてないんちゃうかな?
それとも昨日、夜更かししてギリギリまで寝てた?

私がいつも出勤する9時前でさえ、毎日ポツリポツリと来ている。
その時間帯は地域の高齢者の方がボランティアで
門を開け閉めしてくれてるんだけど、
いつも決まった顔ぶれっぽかったりする。

いろんな家庭の事情があったりで
一概にはいえないし、踏み込んでいくのは難しいけど
朝食くらいはきちんととらんと、
朝はチカラが出ないって。(´ェ`*)ネー。

生活のリズムって、小さい頃から
こんなふうに刻まれていくんだろうな。

ウチの子供達は8時10分には家を出てるかな。
(というか追い出してる・・・。)

私は朝食はちゃあんととってたけど
昔からも結構いつも夜更かししてて
次の日はギリギリまで寝てたヒトでした。
だから朝の電車はいつもボーッとしながら
立ってたりするOo。。( ̄¬ ̄*) 。
(人のコトいえないって(*- -)σ)

みなさんはどうですか?
未分類 |コメント:2 | トラックバック(-)| 2008/11/06(木) 23:43:11
近況
ネタはあれども、パソに向かえない日々が多く、
ふと気づくと1週間更新してませんでした。

【教員セミナー】

土曜日に教員セミナーの選択授業で、天王寺動物園
行ってきました
天王寺動物園って、大阪に居ながらにして初めて行ったんだけど
旭山動物園に負けないくらい頑張ってて
めっちゃ想像を遥かに超えるくらいのスケール(?)に
圧倒されて感動して帰ってきました。
(知ってます?今の天王寺動物園って、
サバンナ地区とかアジア地区とか、緑化してて
すっごく楽しいんですよ!)
天王寺動物園、恐るべし!!

この様子はレポートを兼ねてただいまブログをちょびちょび作成中
なんかほんまに学生や・・・。と実感です。

【会社のコト】

先月中盤から、不況のあおりを受けて
ウチの会社もいろいろと危機管理を迫られているところです
不必要な経費は削減、できることからこつこつとすることで
今までの取引先を現状維持しなければ。
メールひとつにしても、的確に迅速に対応して返さないと、と
自分を奮い立たせている所存です
こんなときこそ、誠実な対応が必要なんだと学ばせていただいてます。

【プライベートのコト】

実家のことも相変わらずすごくゴネてて・・・。
昔から仲の悪い父のグチを、行くたび毎回聞かされます
母が引っ越したいと言っているのですが、
正直、その話もあまり関わりたくないです。
なんでも人のせいにする母の性格、被害意識をもつ性格。
かわいそうな人なんだけど・・・。
あれじゃあ運気は好転しないよなぁ・・・(o´д`o)=3
もう少し感謝する心を持てば変わるよ!といいたいけど
言っても聞く耳持たないし・・・。
もういいよ、という気持ちです(*´-ω-`)・・・フゥ

昔から仲が悪いのを目の当たりにしてたから
「自分は絶対にシアワセな家庭を作りたい」という
願望がすっごく強かったんだと
今更ながら再確認したりする。

これって、反面教師なんだろうけど、
子供達には、夫婦で言い争ったりけなしあったり
そういう場面はみせたくない、というか
いがみあう感情を持つこと自体持つ必要はないと思ったりする。
理想かもしれないけど
私達はrespect(尊敬)しあえる夫婦でありたいと願うんだ。

「ありがとう」って言葉を大事にしたい。と
ずっと思ってるし、ずっと言い続けたいなぁ。これからも。


アタシ?尊敬はされてないと思うケド・・・彡(-ω-;)彡ヒューヒュー
ま、いいです。

最後は近況てか自分の想いになってしまいましたが、
こんなつぶやきを読んでくれてアリガトウです*:.。☆..。.(´∀`人)。
自分のこと |コメント:2 | トラックバック(-)| 2008/11/04(火) 00:16:28
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。